「タニウツギ」とはどんな植物?北海道・札幌では?【詳しく知る】

自然(植物)

新緑の中で「ピンク色」の美しい花を咲かせ、「タウエバナ(田植え花)」との別名も持つ植物「タニウツギ」。

こちらのページでは、タニウツギに関する基本的な知識(植物としての概要・見頃・見られる場所)などについて、「札幌市(北海道)」の視点から解説していきたいと思います。

タニウツギの基礎知識

生育地域主に北海道・東北・北陸山陰にかけての「日本海側」
※日本固有種
生育環境山地の谷沿いや斜面(急斜面でも生育する)
園芸用として公園などでも栽培
名前の由来・主に「谷」で生育していることに由来
別名タウエバナ(田植え花)
ダニハナ
カジバナ(火事花)
シビトバナ(死人花)
ソウシキバナ(葬式花)
特徴・まとまって咲き、山全体がピンク色で目立つ場合もあり
比較的数が多く、一般的な植物
・花よりも蕾(つぼみ)の方がより濃いピンク色となる
・1か所(花軸)に複数の花が咲き「散房花序」の形態をなす
・耐寒性が強い
・成長が早く枝が乱立するため、庭園木としてはやや不向き(但し環境面では丈夫なため育てやすい)
花の色ピンク色
大きさ高さ:2m~3m程度
:5cm~12cm程度(長さ)
:2cm~4cm程度
分類落葉広葉樹(低木)
植物界(Plantae)
被子植物(Angiosperms)
真正双子葉類(Eudicots)
キク類(Asterids)
キキョウ類(Campanulids)
マツムシソウ目(Dipsacales)
タニウツギ属(Weigela)
タニウツギ(W. hortensis)
学名Weigela hortensis
(Siebold et Zucc.) K.Koch
英名Japanese weigela
品種シロバナウツギ(Weigela hortensis)
タニウツギ属ウコンウツギ・キバナウツギ・オオベニウツギ・ヤブウツギ・フジサンシキウツギ・ケウツギ・ツクシヤブウツギ・ハコネウツギ・ニオイウツギ・シロバナウツギ・ニシキウツギ・アマギベニウツギ

タニウツギは、タニウツギ属の植物の中で「日本固有種」として生育している種の植物であり、基本的に北海道・東北・北陸・山陰の日本海側一帯に分布します。太平洋側では基本的に見られることはなく、寒冷地や雪が多い地域で咲く植物と言えるでしょう。

花は美しい「ピンク色」の花を咲かせることで知られ、春の終わり~初夏の山を代表する花となっています。別名としては季節の歳時記的な意味を込めて「田植え花」と呼ばれることもありますが、木材が葬儀に利用された歴史や、咲く姿が火炎のように見えることなどから、「カジバナ(火事花)」・「シビトバナ(死人花)」・「ソウシキバナ(葬式花)」といった別名で呼ばれる地域もあり、必ずしも縁起の良い存在とは限らないようです。

生育環境は山地一体となっており、急斜面など雪崩が起きやすいような過酷な地形でも多く見られ、高木が少ない場所でも分布が見られやすくなっています。また、日本海側の生育地ではレッドリスト入りするようなこともなく比較的「ごく一般的に」見られるもので、色が鮮やかでまとまって咲く場合もあることから、春には山の風景がタニウツギの色で染められ、大変目立つようなこともあります。

花が美しいことから「園芸用」として用いられることも多い植物で、土を選ばずある程度の日当たりなどがあれば育ちやすいことから、個人で栽培されることもありますが、枝が次々に無秩序に成長していくため、公園などでの管理にはやや難が見られる場合もあります。

なお、タニウツギという種ではなく、タニウツギ属に含まれる種は多数あり、日本国内においても約10の種が生育しています。代表的な種である「ニシキウツギ」は、タニウツギとは異なり太平洋側の温暖な地域で見られるほか、「ハコネウツギ」は北海道から九州まで広い範囲に生育しているなど、近似する種に範囲を広げれば、生育地域は日本海側一帯に留まりません。

タニウツギの見頃はいつ?

本州の開花時期概ね5月中
札幌・北海道の開花時期概ね6月中

タニウツギは、別名を「田植え花」と呼ばれるように、春の後半、または「初夏」に近い時期に咲く花となっており、桜や新緑の時期よりも更に後に見頃を迎えます。

開花時期については、分布する本州日本海側のうち平地・温暖な地域ではまれに4月末から、多くは5月の前半から咲く場合も見られ、それ以外の地域も5月の下旬にかけて美しい花を咲かせます。

一方で、寒冷な北海道ではそこから更に1か月程度遅くなる場合があり、開花の時期は概ね6月となり、特に寒い地域では6月の終わり頃に見頃となっている場合があります。

なお、開花時期については各年の気候によって異なります。毎年5月中・6月中の1か月間「ずっと」見頃が続くという意味ではありませんので、その点はご留意下さい。

札幌市内でタニウツギが見られる場所は?

タニウツギは、本州のみならず北海道の日本海側でも自生する植物です。そのため、特に函館近郊の山などでは一般的に見られ、ハイキングに彩りを添える存在となっています。

札幌市内については、手稲山をはじめ山地の斜面では自生している場合がありますが、あくまでも山で咲くものですので、「それ目当て」で訪れるようなものではないでしょう。

タニウツギが見られる主な場所

前田森林公園・国営滝野すずらん丘陵公園・百合が原公園

タニウツギは公園でも栽培されており、前田森林公園・国営滝野すずらん丘陵公園・百合が原公園などの場所では6月に入る頃に見ることが可能です。