「エゾリス」の基礎知識【体格・生態・食べ物・一生など】

生き物

北海道に広く生息しているリスである「エゾリス」。本ページでは、エゾリスについての基本中の基本とも言える各種知識(体格・生態など)をなるべくシンプルに解説してまいります。

エゾリスの「種類・生息地域」

種類ネズミ目(齧歯目)リス科リス属キタリス種の亜種
生息地域北海道のみ

エゾリスは、リスの種類の中では「キタリス」種と呼ばれる種類に区分されるリスです。このキタリスは、ヨーロッパ一帯に広く生息しており、ロシアから朝鮮半島・中国東北部などアジアの寒冷地にも生息しています。

日本ではキタリスの亜種としてエゾリスが生息していますが、本州より南側には生息しておらず、北海道のみ生息する固有種として「エゾ」リスという名前になっています(命名者は華族・鳥類学者であった黒田長礼)。

エゾリスの「体格(大きさ)」

体長22~27cm程度(赤ちゃんの場合6~8cm程度)
尾長(しっぽ)16~20cm程度
体重300g~470g程度
尾の直径場所により3~7mm程度
尾の毛の長さ5cm程度
いずれも成長した場合の大きさ

エゾリスは、概ね体長20cm台の体長を持つリスで、オス・メスごとの大きさの差はなく、ほとんど同じようなサイズとなっていることが特徴です。赤ちゃんは非常に小さく、出生時は体重はわずか8~12g程度となっています。

北海道にはこの他のリスとして「エゾシマリス」が、本州などでは「ニホンリス」が生息していますが、エゾリスはこれらのリスと比べ体つきが大きく、日本で一般的に見られるリスでは最も大きなものと言えます。

尾(しっぽ)については、5cmほどの毛が生えているためとても立派な・大きなしっぽに見えますが、実際は数ミリ程度の細いものとなっています。

エゾリスの「見た目(色)・身体的特徴」

毛色のど~胸部・腹部にかけて:常時白色
それ以外:夏場は茶色・こげ茶色・冬場は灰褐色
身体的特徴・いつでも尾(しっぽ)が目立つ
・冬場は耳元に生える毛が長く、ぴんと立った耳の形になる
・頻度は少ないが様々な鳴き声で鳴く場合も

エゾリスは、見た目は基本的に「茶色または灰色」と「白色」の2色です。のどの周辺から腹部までは白く、それ以外は頭や背中も含め、全体が夏場は茶色寄り、冬場は灰色寄りの色となっています。なお、しっぽについても基本的に同じような色ですが、毛の密度などもあり、やや黒く見えることが多くなっています。他のリスで見られるような「縞模様」などは基本的に一切ありません。

見た目としては、大きく長い毛が特徴の「尾(しっぽ)」がエゾリスのトレードマークとも言えるもので、冬場は寒さをしのぐために耳元の毛も発達するため、耳がぴんと立って大きく見えるようになります。なお、耳自体は本来それほど大きくないため、個体・季節によって耳の見え方が全く違う場合も少なくありません。

エゾリスの「行動・生活・能力」

活動時間帯基本的に昼間(昼行性)
季節ごとに時間帯はやや異なる
行動範囲・形態巣の周辺のみ
いわゆる「縄張り」はない・単独行動
巣の場所「樹洞(木の中にあるくぼみ・穴)」内部
木の上に枝などを集め自身で構築
巣の大きさ30~70cm程度
能力・木を動き回る技能が非常に高い
・前肢の指が長いため「物をつかむ」ことが可能
・自重の3分の1程度(100g程度)の物体をつかめる
・食べ物を貯蔵し、その場所を記憶することが可能

エゾリスは、その行動の特徴としては昼間に活動するというものがありますが、冬は朝がメインであるなど、季節によりやや異なるタイムスケジュールで動き回ります。冬眠は一切せず、道内にいるリスでも長期間冬眠することが特徴の「エゾシマリス」とは全く異なり、1年中活動するリスとなっています。

行動範囲は広くはなく、生息している巣のある森林・公園などの狭い範囲を基本的な移動範囲としており、遠出してどこかへ行くようなことは一般的とは言えません。

巣については、樹木の幹に穴が開いた「樹洞」がある場合、それを活用して巣穴とするほか、穴がない場合でも樹木の上に枝などを重ねて巣を自ら構築します。

エゾリスは基本的には単独で行動する動物で、群れなどはありませんが、狭い範囲の森の中に複数のエゾリスがいることも一般的です。必ずしも「縄張り」のようなものはないようですが、一定の序列があるともされ、同じ生活空間で複数のエゾリスが共存した状態が成り立っています。

各種の能力は小さな見た目とは裏腹に高く、木の上で生活する能力に特化していることから、すいすいと樹上を動き回る俊敏性を持っており、指が長いため器用に比較的重い物をつかむ能力も持っています。また、後述するように冬場のエサ確保のため、一か所に食べ物を溜めておいて備える能力も持っており、多少の知能があることも伺えます。

エゾリスの「食事」

食性雑食性(植物食寄り)
主な食べるもの各種植物の芽・葉・花・果実(実)・種子・樹液
小さな昆虫(セミの幼虫や繭など)
動物の小さな卵を食べる場合も

エゾリスは、その食性(食べる内容)は、基本的に「雑食性」となっており、完全な草食でも肉食でもない「様々なものを食べる」特徴を持っています。

食べるものはどちらかと言えば植物など草食寄りですが、セミの幼虫など昆虫類を食べたり、一部では動物の卵を食べることもあるなど、動物性のたんぱく源を利用することも珍しくありません。

冬眠はしないため、資源が少なくなる冬場も「食べ続ける」エゾリスは、秋にドングリなどの木の実を一か所に「貯蔵」して、そのストックを食べるという習性を持っており、数十cm以上の雪に埋まった貯蔵場所を掘り起こして食事を取るなど、知能とバイタリティーに長けた存在でもあります。

エゾリスの「一生」

寿命2~6年とも
繁殖のプロセス繁殖期:2月下旬~7月下旬
出産時期:4月上旬~8月
妊娠期間:約40日弱
出産数:一度に1~7匹程度
出産回数:シーズンごとに通常1回・最大2回
子育て・成長・メスのみが関わる
・生後8週で植物などを食べるようになる
・約10週目で乳離れ、11~12週で親離れ
・2年目からは出産が可能

エゾリスは、個体や条件にもよりますが、概ね2~4年程度、場合によっては更にそこから2~3年程度生きることがあるとされており、体が小さいことからそれほど寿命の長い生き物とは言えません。

繁殖については、一定のシーズンがあり、毎年春から夏にかけて赤ちゃんエゾリスが多数誕生する季節となっています。出産時は3~4匹程度を一度に産むことが多く、生まれた後は3か月程度の子育て期間を経て、翌年には新しく赤ちゃんを産む存在になるなど、成長のプロセスは早くなっています。

エゾリスと人間

エゾリスは、北海道に生息する野鳥を除く野生動物の中では。キタキツネなどと並び、最も目にする可能性があるものの一つです。

生息地としては、一般の山林・森林のみならず、人工的な公園や神社の境内などであっても森の環境がが保全されているような場所であれば、エゾリスが棲みつくことが可能な条件にあたるため、札幌市内でも円山公園一帯を筆頭に、市街地一帯のあちこちがエゾリスの生息地になっています。近年では帯広市などでの増加も指摘されており、エゾリスの生態が「都市化」する流れが一つの傾向とも言えるでしょう。

なお、都市の環境に生息するエゾリスに対しては、市民が餌付けを行うようなことも発生しています。しかしながら、これは自然環境にみだりに介入する行為であり、エゾリスが一層「人慣れ」をして生態を変えて行ってしまう可能性があり、基本的にやってはいけない行為と言えます。

そもそも、リス類は国内では主にマダニ感染症、海外で確認されている事例ではペストや狂犬病など、致死率では新型コロナウイルスを上回るような恐ろしいウイルスを媒介する存在でもあります。餌付けによって人慣れしたリスが、人と接触するなどして、結果人間側のリスクが増える可能性も否定できません。

エゾリスは、人間の生活空間との距離が近い野生動物であるからこそ、その生態を尊重しみだりに関わり過ぎない姿勢が求められていると言えるでしょう。