生き物

生き物

「冬眠しないヒグマ」がいるというのは本当?

札幌市内をはじめ、北海道内のあちこちに生息している「ヒグマ」。道内の厳しい冬を乗り越えるために、ヒグマは通常秋の終わりから春にかけて長期間「冬眠」を行うとされています。 一方で、ヒグマに関する目撃情報や事故に関する事例を見て行くと、...
生き物

「タンチョウ」の基礎知識【生態・体格・見た目・保全状況など】

北海道を代表する野生動物としては、ヒグマ・キタキツネ・エゾシカなど様々な存在が見られますが、鳥類の中で見た場合「タンチョウ」の存在を忘れることは出来ません。 タンチョウは、かつては日本を代表する鳥として文化的なモチーフとして用いられ...
生き物

エゾユキウサギの基礎知識【体格・生態・食事・人間との関わりなど】

北海道に生息するウサギであり、一般的にはその「足」の大きさ・速さで知られる「エゾユキウサギ」。 当ページでは、エゾユキウサギの体格(大きさ)・生態・食生活・一生(寿命)・人間との関係性など、「エゾユキウサギの基礎知識」と言える内容に...
生き物

エゾヤチネズミの基礎知識【体格・生態・食事・人間との関わりなど】

北海道一帯に生息する「ネズミ」の一種であり、一般には「樹木」に影響を及ぼす「害獣」とされることも多い「エゾヤチネズミ」。 当ページでは、エゾヤチネズミの体格(大きさ)・生態・食生活・一生(寿命)・人間との関係性など、「エゾヤチネズミ...
生き物

エゾシカの基礎知識【体格・生態・食事・人間との関わりなど】

北海道に生息する野生動物としては、キタキツネなどと並び最も一般的で最も身近な存在とも言える「エゾシカ」。 当ページでは、エゾシカの体格(大きさ)・生態・食生活・一生(寿命)・人間との関係性など、「エゾシカの基礎知識」と言えるテーマに...
生き物

札幌に生息する主な「外来種」の生物には何がいる?

札幌市内には、平地・市街地のみならず山深い地域がかなりの面積を占めていることや、公園・緑地が充実していることもあり、様々な野生動物・様々な生き物が生息しています。 例えば野生の生き物の中には、エゾシマリス・エゾリス・エゾモモンガ・エ...
生き物

ヒグマの「日常生活(生態)」とは?【1年間の流れを知る】

北海道のほとんどの地域に生息しているエゾヒグマは、時に人間と遭遇して事件を発生させることもある存在ですが、出没しやすい時期とそうでない時期があるように、季節ごとに生活のあり方・生態は大きく異なります。 本ページでは、各季節ごとのヒグ...
生き物

「エゾタヌキ」の基礎知識【生態・ホンドタヌキとの違いは?】

日本国内において最も一般的な野生動物としては、イノシシ・キツネ・外来種のアライグマなど様々な動物を思い浮かべることが出来ますが、歴史的に見た場合最も身近と言える野生動物としては「タヌキ」が挙げられます。タヌキについては、本州以南では「ホン...
生き物

年齢・寿命から考える「ヒグマ」【年齢を知る方法・成長段階・寿命など】

日本国内に生息する野生動物としては最も巨大な存在であり、時に人間からは恐れられる「ヒグマ」。 ヒグマは巨大な身体を持つことから、一般的な野生動物の中で見た場合「長生き」をする部類に入り、生まれてすぐに成獣になるというようなことはなく...
生き物

「エゾモモンガ」の基礎知識【生態・大きさ・リスとの比較】

北海道内に生息している比較的小さな野生動物としては、「エゾリス」・「エゾシマリス」に加え、同じリス科に属するものとして「エゾモモンガ」も有名な存在です。 こちらの記事では、エゾモモンガについて、その体の大きさや生態・食べ物・寿命や繁...